快適な旅をするために

夜行バスの旅の必需品

夜行バスは安く長距離を移動することができますが、長い時間狭いバスの中で過ごさなくてはいけないので、いかに快適に過ごすかはとても重要です。ここで体調を崩してしまってはその後の計画が全てくるってしまう可能性があります。そこで、夜行バスに乗る際に便利なアイテムを紹介したいと思います。
まずは、携帯用の枕はマストアイテムです。座席に座ったまま寝ると、首が安定しなくて首の痛みで目が覚めることがあります。せっかくの安眠が妨げられてしまいます。首が固定されるとホントに楽です。マスクも重要です。車内には不特定多数の人が乗車します。空気は汚染されているといっても過言ではありません。あと車内は乾燥しますので飲み物も持参しましょう。さらには、安眠するためにアイマスク、耳栓などもあると便利です。ほかの乗客の携帯の光やいびきなどで安眠を妨害されないようにしましょう。

車内は睡眠するのがいちばん。

乗車してすぐに睡眠に入り、目が覚めたら目的地というのが理想の旅ですね。狭い車内で安眠するためにはどのような工夫が必要でしょうか。まず、乗車する前は適度な疲れや睡眠不足状態の方が良いでしょう。仕事の後など疲れた状態であればすぐに寝ることができます。また前日は睡眠時間を少なくするなどした方がよいかもしれません。身体を締め付けるような服装は避け、ゆったりとしたものを着用しましょう。靴も締め付けがないものを履くなどの工夫が必要です。もしくは、スリッパなどを持参するのも良いアイデアです。それでもどうしても眠れないという場合は、アルコールの力を借りてしまうのも良いかもしれません。飲み過ぎてお酒の匂いで他の乗客の迷惑になってはいけませんが、良い睡眠導入剤になるかもしれません。